待遇を調べる

近年では健常者であろうと最低賃金水準かそれに近い水準で働くことが多く、障害者雇用にしてもそれは同じです。そもそも障害を持っているとどうしても健常者よりも仕事の能力が劣ってしまう傾向があるので、そういう意味で障害者雇用に関してはあまり高い待遇を期待することができないというのが実情です。 それでもなお生活の糧を得るという意味では障害者雇用は確実に有用であると言えます。障害を隠して就職して後で障害がばれて解雇されたり障害の影響で正社員になることを諦めて渋々収入が不安定なアルバイト生活を送ったりするより、手堅く障害者雇用を利用して安定した収入を得た方がずっと合理的であるということは否定しようがありません。

基本的に障害者雇用は一定以上の規模を持つ会社でないと行う義務が課されません。その点大手の飲食・小売チェーン店などは各チェーン店や本社の労働者を合算した形で労働者数が算出されるので、どうしても障害者雇用を行う必要性が生まれます。そういうこともあって飲食・小売の場合は自然と障害者雇用を行っているケースが多少見られます。障害を隠したまま採用されたものの後になって発覚してしまったが障害者雇用に切り替える形で職が保たれたという事例も稀に確認されます。 障害者の中でも重度の知的障害者であれば2人分の障害者雇用として扱われます。これには法定雇用率を満たす必要に追われる事業者としても日常生活すらままならず就労など本来ならば到底有り得ないとされる重度の知的障害者としても助かるところです。